2018年3月24日、「鷲見健彰先生門下いずみ会第65回ヴァイオリン演奏会」に参加してきました。

講師&OB.OGの皆さんでショスタコービッチの5つの小品を合奏いたしました。久しぶりに先生に演奏を聴いて頂きました。

私自身、いずみ会での合奏演奏は20数年の時を経て初❗

合奏をしていた年もあったそうですが、私が参加していた当時は80人を越す演奏者でしたので(大所帯😱)、ソロ演奏ばかりで合奏は有りませんでした。

今回の皆さんとの演奏は?と言いますと、初めてなのに不思議と息ピッタリで自然に演奏がまとまり、気持ちの良い音楽になりました。

何と言ったらよいか…、土台が同じ「健彰DNA 」を持っている感じ。

不思議と…と思っていたのですが、不思議でも何でもなくて、これは正に、健彰先生がどんな生徒さんでも分け隔てなく一人一人に向き合ってこられた証。

習っている本人よりも‼根気よく、丁寧に細部まで教えて頂いた事を覚えています。そんな先生と出逢えたことに感謝。

約束守っていけるようこれからも頑張ります。

またお会いしましょう🎵

どうぞこれからもお元気で!

古巣へ戻った貴重な一日でした🌸

忍者もいます・・・・OBの層が厚いです!!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly